開業までに必要な道のり|将来を見据えてミニストップのフランチャイズに挑戦しよう!

開業までに必要な道のり

店舗

自分の店を持とう

一般的な会社勤めで稼ぐのではなく、自分の店を持って稼ぎたいと考えている方も多くいます。自分の店を持つということは、決して難しいことではありません。きちんと準備をして取り組めば、誰にでも店舗開業のチャンスはあります。実際に店舗開業を考えているのであれば、どのような商売をするのか考える点が最初の一歩です。始める商売の種類によって必要な予算や準備などの点にも違いが出ます。また店舗開業について初めてで不安な点が多い方は、フランチャイズを利用するのも1つの手です。例えばコンビニなどのフランチャイズとして開業すれば、商品の仕入れから集客についてまでサポートしてもらいながら、開業までたどり着けます。大手の看板の元で商売を始めることで、オープン後の信頼が得やすいのもフランチャイズならではの特徴です。

事業計画を立てること

店舗開業するまでには場所の選定から内装や外観を整えるなど、やるべきことは山ほどあります。その作業と並行して行っておくべき点が、事業計画を立てるということです。開業のために必要な費用、さらには月々の維持費など、開業には様々な費用が必要です。それらの費用を回収するためには、月々いくらくらいの売上が必要なのかあらかじめ試算しておきましょう。そうはいっても、オープンしてすぐに商売が軌道に乗ることはほとんどありません。最初は貯金を崩しながら商売を行うことになるので、いつくらいの時期までにいくらの売上を達成するなど、長期的な目線で事業計画を作っておくことも大切です。また事業計画は開業後に見直しを行い、計画より収入が低い場合には、対策を考える必要があります。